クレカを契約していると、加入カード会社から利用代金明細の案内があります。それらのご利用明細を見るとどこのショップで何時にどんな物にカード決済でいくら分使用したのかという詳細が記載されているためさかのぼってそのカードを利用した一覧を確認することが非常に易しく便利でもあります。代用はちょっと不便と思いますがまとめやすいカード利用の成績表っぽいものに仕上げることもいいアイディアだし、支出管理にも役立つでしょう。それにいま言ったクレカ利用明細書が届いてからおおよそ半月ほどでカード代金の振り込みが実行されます。手元のクレカ利用明細を確認してみて感覚的に記憶にないリスト例えば決済したこともないWEBサービスが表の中にあればクレジットカード会社に電話をかけて尋ねれば済むんです。それでスキミングによる乱用などといったあなた以外による支払いが見つかった時でも、カードの名義者に落ち度がないようなら、大多数の事例ではクレジットカード会社がそうした疑わしい使用をリストからはずしてくれます。近頃ではこういったクレカの利用代金明細をインターネット上で確認できるカードが一般的です。普段からどのお店でいくら払って決済したかをモニタしておく方法で第三者利用を未然に防ぐことをはじめとして収支記録代わりにもぴったりでお金の管理といったこともこれだけで可能になります(ホームページでユーザーの履歴を閲覧可能なところはさかのぼって利用履歴や決済可能残高など参照可能な場合が多です)。クレジットカードはこれらの視点からも大変助けになる武器だと言えます。