為替介入(外国為替平衡操作)は耳にした事がありますか?日本銀行が介入して新聞記事、ネット等の記事で見た人も多いと思います。ホワイトヴェール

元から外国為替平衡操作(為替介入)とは日本では、◯財務大臣が為替の相場の安定化を保てるように使う戦略ということで見なされています。女の子 新生児 服

わかりやすく言うと、激しい円高や円安の場合に財務大臣のお達しに従って中央銀行(日本銀行)円の取引をして円相場を安定化させるといったことです。

外国為替市場介入(為替介入)はいくつかやり方があります。

1.単独介入・・・政府機関もしくは日本銀行が、東京市場で直接市場に入って為替介入(外国為替市場介入)をする。

2.協調介入・・・複数の銀行などが相談したうえ、それぞれの銀行などが持っているお金を用いて一緒あるいは断続的に為替介入を実施していく。

3.委託介入・・・他国の通貨当局に向けて介入を任せる。

4.逆委託介入・・・日銀が異国の銀行などに代わり介入を行なう。

以上のような方法があります。

いずれの方法の外国為替平衡操作(為替介入)も短期に、当分為替レートに多くの効果を与えます。

外国為替市場介入(為替介入)の資金は当然のことですが威信をかけているだけにスケールが違うのです。

円ベースで説明すると、いつもは少しだけ変化する為替レートが唐突に数円の動きをするのです。

個人で投資をしている人ならば体験していると思いますがそこまでは上手に含み資産(もしくは含み損)が多い持ち高を保持していたのに、保持している保有高が決済したとの内容の報告が外為の会社よりメールが届き。

儲けが出たのかな(損失が出たのかな)?と考えながら決済後の報告を確認したら、自分の中で予想していたのとは反対の結果になり驚いてしまったといった例がよくありました。

為替介入が実施された時によく聞く話です。

以上のように為替介入(外国為替市場介入)を施行すると、市場のトレンドと逆の動きをすることがわかります。

さらに変化する金額の幅は大幅に変化するため注意しましょう。