基本的に、個人が破産を請求するまで人に直接の電話を用いた返済請求と返済者当人の住所への直接訪問による取り立ては違反にはならないと考えられます。フリープログラマ 案件

破産に関する正式手続きに進んでから申請までに無駄な手数があった際には債権者は強行な取り立てを行ってくる確率が高くなります。

債権人サイドにとっては未納分の支払いもせずに、なおかつ破産といった法律上のプロセスもされないという状況であると団体内で完了処理をやることができなくなります。

また、過激派はエキスパートに依頼していないと知ると相当強行な返済要求行為をやってくる債権人もあります。

司法書士団体または弁護士法人に助けを求めた場合は、各々の債権人は依頼者に関する直接集金をすることができません。

依頼を理解した司法書士の人か弁護士法人は受けたという内容の手紙を各権利者に送付することとなり各取り立て屋がその手紙を見たのなら依頼人は取り立て屋からの危険な取り立てから放たれるのです。

付け加えると、取り立て企業が勤め先や本籍地へ訪れての集金は貸金に関する法律のガイドラインで禁止されています。

貸金業で登録済みの企業であれば勤務先や親の自宅へ行く返済要求は貸金業法規制法に抵触しているのを把握しているのでその旨を伝えれば、違法な収金を継続することはないと言っていいでしょう。

自己破産に関しての申請の後は、申請者に向けた収金を入れ、あらゆる収金行為は認められなくなります。

それゆえ取立人からの収金行為が消滅するということになります。

といっても、中には知っているのにやってくる取り立て業者も存在していないとは思えません。

貸金業で登録してある会社ならば、自己破産の申し立ての後の徴集行為が貸金業法のガイドルールに反しているのを認知しているので、違反であると伝えれば、そういう集金を継続することはないと言えます。

ただ、法外金融と言われている未登録の取立人についてとなるとこの限りとはならず、強行な取り立てなどが理由の被害があとを絶たないのが現状です。

闇金融が業者の中にいそうな場合は絶対に弁護士の人もしくは司法書士法人などの専門屋に助けを求めるようにするのがいいといえます。