現実にPCのディスプレイの前に座って絶えず変動している市場を眺めていると何やら売り買いをしたいという抑えようのない気持ちに煽られる方も少なくありません。ヒートカッター

しかし、不確かな直感でトレードすることだけは、絶対に避けてほしい。カルグルト 購入

ご覧の通り、相場は四六時中、常にいずれかの国で市場は動いているし為替相場もいかなる時でも、変動しています。キレイモ ロコミ お金 頭金

しかしながら、頻繁に取引をすると、その分損失が生じる確率が高まってしまう。花蘭咲 効果

当然の事ながら、注文の数を積む事で結果的に勝ち負けの可能性が50%、50%になります。ソワン 口コミ等

けれどもそれは「なんとなく感覚でエントリー」することとは別問題です。ファリネ 成分

注文回数を重ねる事の意味はあなたが「ここだ!」と考え付いた機会を持った場合の注文回数を積むという事です。ネット婚活

理由がなく、絶え間なく注文を積むのとは全く違う。糖質カットサプリ

市場の勝負に勝つためにはよく考えて緩急をつけることが必要です。ダイエットエステ

「ここは!」と思い至ったマーケットの時には、思い切ってポジションを積み増して積極的に儲けを追求する。http://www.nature-et-construction-62.com/

「かなり分かりにくい相場で、どう動くのか予想できないな」と思った時は思い切って持っているポジションを全部見切りをつけて放置します。

そのくらいのけじめがあったほうが最後には注文はうまくいくものだ。

外国為替市場の名言には「休むも相場」というものがある。

まさにその通り。

為替取引とは何も常に売買ポジションを所持する事が大切ではなく、どの売買ポジションも所有せず静観していることも必要です。

じゃあ、どういった時に休むべきなのでしょうか。

ひとつは、先述した通り、これから先の外国為替市場が見通しがきかない時ですどうなるのか見通せない時は、ヘタに動くと、自分で考えたストーリーとは逆の方向に市場が向ってしまい、損する事になってしまいます。

だから、そういう場合はポジションを整理して、そのまま静観しているのが最良の方法です。

ふたつめは、自分の体の状態が思わしくない時です。

体の調子と相場に関係性はないと思う方もいると思いますが実際には思いのほか関係あります。

体の調子が思わしくなければ、マーケットの大事なところで正しい決定が出来ない場合があります。

興味がわかない時はFXから離れる事も必要な事です。